2015年04月15日

炎症になる前にやっておきたいにきび治療

にきびを放置しておくと炎症が起きて痕が残る恐れがあるため、にきび治療は早期に行うことが望ましいです。

にきび治療には様々な方法がありますが、一つは薬を買ってきて自分で行うというものです。ドラッグストアには色々なにきび治療薬が売られていますが、主流になっているのは炎症を抑制する薬と角質を除去する薬の2種類です。

スキンケア化粧品でもにきび治療をすることは可能ですが、使い方を誤ると悪化させてしまう恐れがあるため注意が必要です。
皮膚科に行ってにきびを治療するという方法もあります。病院で行われている治療法も様々ですが、一つはアイソレイズです。これは波長光の照射によってにきびの原因となるアクネ菌を抑えるというものです。

更に、照射と共に吸引を行うことによって膿や角栓などを排出することも可能です。 ケミカルピーリングという治療法もあります。これは酸性のピーリング剤を用いて角質を除去しターンオーバーを促すというものです。


sponsored link
posted by 卓上カレンダーのサンジ at 19:21 | Comment(0) | にきび治療専門外来
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: