2015年04月15日

炎症になる前にやっておきたいにきび治療

にきびを放置しておくと炎症が起きて痕が残る恐れがあるため、にきび治療は早期に行うことが望ましいです。

にきび治療には様々な方法がありますが、一つは薬を買ってきて自分で行うというものです。ドラッグストアには色々なにきび治療薬が売られていますが、主流になっているのは炎症を抑制する薬と角質を除去する薬の2種類です。

スキンケア化粧品でもにきび治療をすることは可能ですが、使い方を誤ると悪化させてしまう恐れがあるため注意が必要です。
皮膚科に行ってにきびを治療するという方法もあります。病院で行われている治療法も様々ですが、一つはアイソレイズです。これは波長光の照射によってにきびの原因となるアクネ菌を抑えるというものです。

更に、照射と共に吸引を行うことによって膿や角栓などを排出することも可能です。 ケミカルピーリングという治療法もあります。これは酸性のピーリング剤を用いて角質を除去しターンオーバーを促すというものです。


sponsored link
posted by 卓上カレンダーのサンジ at 19:21 | Comment(0) | にきび治療専門外来

2013年12月28日

にきび治療と飲み薬について

「にきび」とは、正式名称「尋常性座瘡」という、皮膚の病気です。
れっきとした病気なので、医療機関で保険診療にてにきび治療を受けることができます。

病院で、初めに問診を受けます。
にきびが出始めた年齢、出やすい時期、突発的なものか日常のものなのか、 又生活習慣なども医師に聞かれます。
病気という認識が浅い為、よっぽどでない限り、皮膚科を受診してにきび治療を受ける人は少ないようです。

たかがにきびと軽視すると、肌の炎症が治まらず一生跡が残ることもあるので要注意です。
にきびにも人それぞれ症状や種類が異なるので、その人の症状や状態に合わせたにきび治療が必要となります。

一般的に医療機関では、飲み薬と塗り薬が処方されます。
飲み薬は、菌や炎症を抑えたりする抗生物質などです。
又漢方薬で体質を改善させる方法もあります。
塗り薬では、炎症を抑えたり、皮膚表面を乾燥させて皮脂を抑えたりするような薬を処方します。

にきび治療は、簡単に終わるような治療ではく、体質改善を兼ねて時間をかけて根気良く治していくものなので、途中で諦めないことが治癒するポイントとなります。


sponsored link
posted by 卓上カレンダーのサンジ at 13:43 | Comment(0) | にきび治療専門外来

にきび治療の医療費控除は確認が必要です

にきびで悩んでいる方でにきび治療を考えている人や治療中の方も少なからずいらっしゃるでしょう。

にきび治療で病院に行かれて治療を受けた方は、自費であろうとなかろうと医療費控除を受けるには確認をしなければなりません。
なぜなら、美容目的のにきび治療は医療費控除の対象にはならず、税金の還付対象にはならないからです。

にきびの状態が日常生活に支障をきたすほどの症状であると医師が判断したのであれば控除の対象とはなるでしょうが、大方の 場合、にきび治療は美容目的の場合が多いので、控除が受けられるケースは少ないと認識しておく事です。

にきび治療を受ける際にはこの治療は医療控除が受けられるのか、予め医師の確認を行った上で診断を受けて且つ控除が受けられる事を確認してから治療を受けるといいでしょう。
医師の指示で治療を受けたからといって、自己判断で控除が受けられると勘違いして赤っ恥をかく事が無いように確認はしっかり行いましょう。


sponsored link
posted by 卓上カレンダーのサンジ at 13:40 | Comment(0) | にきび治療専門外来